アナンド君の予言 2023年最新の分析:日本の憲法改正も

miho

<景品表示法に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

アナンド君の、2023年最新の預言を要約したよ。
地政学的事象から金融分野、起こりうる自然の出来事、人間社会の出来事など。

日本の憲法改正についても触れられています。

アナンド君って何者?これまでの予言

Covid-19のパンデミックを的中

アナンド君は、2019年末からのCovid-19のパンデミックの状況や時期を、インド占星術の緻密な分析でその半年前に正確に預言して、一躍世界的に有名になったインドの少年。
その時のYoutube動画

2021年のビットコイン、金融バブルの崩壊時期を的中

そしてその後の金融バブルの崩壊時期もピッタリ当てている

下記チャートの黄色の縦ラインが、アナンド君が金融バブル崩壊時期の動画を出した2021年9/21辺り。
その時のYoutube動画

アナンド君は当時若干14~5歳でしたが、インド占星術のマスターとしてだけではなく、国際情勢や経済、投資についての知見も深いのが、分析に説得力を与えているのだと思います。

以下チャートからもわかるように、バブルでみんなウホウホ浮かれてた時に「11月に大きな調整が入る」と時期も教えてくれていたんですね。

ナスダックチャート

ビットコインチャート

2021年9/21に出された動画の翻訳の一部

あわせて読みたい
ビットコインの仕組みと思想をわかりやすく解説:その革命性を理解するために
ビットコインの仕組みと思想をわかりやすく解説:その革命性を理解するために

さて、アナンド君の最新の預言ですが、2023年6/12のYoutubeで配信されました。

預言の期間について:インドの2023年旧正月(Lunar New Year)3/21から次の年2024年の旧正月まで。大まかには4月から4月までの期間。

分析の内容:地政学的事象から金融分野、起こりうる自然の出来事、人間社会の出来事、世界の重要な国々にとってのそれぞれの状況まで、占星術的な影響とインパクトのさまざまな領域を分析。

この予測は、私が行った占星術の分析に基づいています。古代の聖典をいくつか用いてこの分析を行い、大いに歴史的データを使用し、さらに少し私自身の分析を加えてこれをまとめました。

もちろん、この情報の富を与えてくれたバラト(インド)の古代の賢者たち、偉大なマハリシ、ヨギ、シッダ、ムニに感謝しなければなりません。

アナンド君
アナンド君

以下はあくまで予測であり、確定的な事実ではありません!
可能性の一つであるとお考えください。そして、インド占星術の分析詳細の大部分は省いています。占星術的な根拠の詳細にご興味のある方は、ぜひ動画で確認してみてくださいネ。

では行ってみましょう。

アナンド君の

インドについての予測

経済面の予測

木星と水星の影響、2023年から2024年の4月頃までが特に木星の影響を大いに受けると予想します。

経済の面では良いことが起こり、外国からの投資が増え、経済成長が見られるでしょう。この部分については全体的に良いと言えます。

地政学的な予測

地政学的な面に移ると、火星がバラート(インド)のヴァルシャ(年)の主と昇星の主であり、旧正月が始まった時に火星が8番目のハウスに位置していたことから、あまり良くない状況になる可能性があります。

>>ヴァルシャ、ラグナディパティ、8番目のハウスなどの注釈

8番目のハウスはラグナディパティ(昇星の主)やヴァルシャディパティ(年の主)にとって好ましい位置ではなく、我々の国内外での暴力や紛争を引き起こす可能性があります。

インドの隣国では、多くの地政学的な問題や国内の暴力が発生する可能性があり、これは2024年4月前に非常に起こりやすい状況です。火星の位置から考えると、これが私が大まかに予想する事態です。

それ以外の面では、インドの立場や国の優位性は大きくなりそうです。しかし、これが我々の国にとって最良の年ではなく、黄金の成長を期待できる年でもありません。

良い指導力と経済政策が成長方向に進むでしょうが、より多くの暴力や、特に動物に対する暴力が発生する可能性があります。これは非常に重要な要素です。我々の国では、痛みや苦しみが増え、極めて否定的な天候パターンや自然災害が発生する可能性があります。

自然災害の予測

非常に重要なこととして、地震には注意が必要です。一つの地震や地震活動が次の地震を引き起こす可能性があります。これは占星術の周期に基づいて起こる可能性があり、この期間にインドも影響を受けるかもしれません。

火星が8番目のハウスにあるため、インドまたはバラト(Bharat:ヒンドゥー語でインドの意味)についての私の全体的なまとめは、残念ながらこの年が最良の年ではないということです。

アナンド君の分析による

米中の地政学的展望

中国:チャレンジと可能性

中国はアメリカと反対の位置(星の位置)にあります。これは射手座にあり、アメリカから中国の上昇点に直接影響があります。つまり、アメリカと中国は、幾つかの地政学的問題で対面することになります。

このことが指しているのは戦争ではなく、公にいくつかの地政学的問題で顔を合わせることを意味します。そして、この期間中、二つの間の競争は別のレベルに達する可能性があります。
そして全体的に、先ほど既に述べたように、火星の影響のために世界中で多くの軍事行動があるでしょう。

多くの国が防衛予算を何倍にも増やし、多くの国が憲法を修正する新しい法律を導入するでしょう。後で日本について語りますが、そのようなことが見られる可能性があります。そして、何らかの敵対心と競争心が非常に顕著になるでしょう。競争が最も重要な部分であり、この期間中にそれが悪化することは非常に明確です。

基本的に中国は2023-24年にはインドよりも良い位置にあるようです。しかし、中国は2022-23年に問題を抱え、今後数年間で露呈されるでしょう。中国の人口は約80万人減少し、これは大規模な数であり、中国の人口は多くの十年間で初めて減少しています。これは非常に重要なトレンドであり、先の予測が正しいことを証明しています。

そして、現在の旧正月と、この特定の主題に焦点を当てたものに基づいて、私は惑星の位置がある程度中国を好んでいると言えます。そして、火星の観点からすると、それは何とか他の国に対して守勢になるでしょう。それが地政学的な観点からです。

そして健康と病気の観点から、それがどのようにして進行するかというと、全体的にそれは程々であり、中国は今年かなり良い位置にあるようです。中国国内での暴力は今年は予想されません。

しかし、中国の外での暴力、そして中国に関連する暴力は増加する可能性があります。そして、中国の人々の間で不満があるでしょう。しかし、インドではその現象がかなり強く、国の一部で暴力が勃発する可能性があります。それが統一された力によって抑えられるかどうかはまだ確かではありません。

占星術において、”上昇点”(または”アセンダント”)は、東の地平線上にあがってくる、つまり昇ってくる星座を指します。これは個々のホロスコープ(または出生図)で最も重要な部分の一つであり、一般的には私達の個性や外見、または他人に対する第一印象を表すとされています。

“上昇点”は地球の自転によって約2時間ごとに変わるため、具体的な時間と場所が必要です。したがって、人々が個々に異なる上昇点を持つことは普通のことです。

アメリカ:力と影響

次に、世界のスーパーパワーであるアメリカについて見てみると、ワシントンDCとニューヨークを重要な拠点として分析することとなります。これら2つの場所のラグナ(上昇星座)はミトゥナ(双子座)で、火星によって占められています。

したがって、この期間中、アメリカがリードし、この全体の年の地政学を定義することは非常に明確です。アメリカはまた、他の国の政治に介入し、そこで大きな暴力を引き起こすでしょう。そして、私はアメリカがアフリカの政治や世界中の他の地域に介入することを予見します。これが起こる可能性が非常に高いです。

この期間、アメリカは火星の影響を大きく受けるでしょう。その結果、競争心、防衛心、敵意といった火星の影響が強まることでしょう。それにより、アメリカでの力への欲求が増すことが予想されます。

これは新たな世界のパワーダイナミクスが生まれようとしている状況に対して、良い兆候とは言えません。結果として、世界全体で急速な変化が見られるでしょう。

そして、非常に活発な出来事が起こる可能性があります。恐らく北アメリカ全体が火星の怒りを感じることになるでしょう。過剰な熱と、おそらくこの地域で頻繁に発生する火災関連の事故があります。

そして、今年と来年、つまり2024年の4月まで地震のリスクがかなり高いです。私たちは世界のどこかでそれを経験する可能性があります。私は将来のビデオでこれを詳しく説明しますが、世界のどこかで大きな地震が起こる可能性があります。

アナンド君の分析

アフリカ大陸や新興国

世界経済の遷移とアフリカ大陸の役割

2020年の木星と土星の遷行およびそれに続く占星術の位置から、現在の先進国が、一般的な経済成長(GDP成長)とは異なる形の成長や変遷を経る可能性が高いと見ています。

この変遷は多くの人々にとっては不快かもしれませんが、大きな変化をもたらすでしょう。この過渡期を利用して、世界の発展途上国は他の人間開発の分野を犠牲にしても、この期間中に非常に急速に成長する可能性があるでしょう。

これにはインドとアフリカが含まれますが、アフリカ大陸は私の他のビデオで繰り返し述べているように、指数関数的な成長を経験する可能性があります。

人間開発とは?

人間開発(Human development)とは、国際連合開発計画(UNDP)が1990年に導入した経済開発の概念であり、一般的には人間開発指数(HDI)を通じて評価されます。人間開発という考え方は、経済成長だけが人々の生活の質を改善するための手段ではないという視点に基づいています。

人間開発は、教育、健康、そして生活水準の3つの基本的な側面を中心に考えられています。具体的には、平均余命(健康)、教育年数と予想される教育年数(教育)、および国民所得指数(生活水準)の3つの指標を用いて評価されます。

次の40年間での莫大な成長

経済的にも人間開発的にもこの時間枠ではなく、特に次の40年間で、アフリカ大陸は様々な領域で莫大な成長を経験する可能性があります。

現在の危機の広がりと新たな問題の発生

また、アフリカの現在の危機は南へと広がり、それが新たな問題を引き起こす可能性もあります。これらの問題に対処しながら成長を達成することは、アフリカ大陸にとって大きな課題となるでしょう。

日本と東南アジア

日本:火星からの影響とその結果

日本は基本的に火星から直接的なアスペクト(特定の角度)を持っており、これはヴェーダ占星術では非常にネガティブとされています。

ネガティブだと言うだけでなく、私は日本がおそらくその憲法を改正し、軍事の強化を含めることになると予見します。

これは火星の影響全体によるもので、それは全世界に及びます。日本には特に影響します。

日本は基本的に火星から直接的なアスペクトを持っており”という表現は占星術の用語を用いています。占星術では、「アスペクト」とは、ある星(惑星)と別の星との間の角度的な関係を指します。これは、星座チャート(天球上の星々の配置を示した図)上での位置関係から読み取られます。

火星から直接的なアスペクトを持つとは、占星術チャート上で日本の位置(具体的には、日本を象徴すると解釈される特定の星やハウス)と火星との間に特定の角度(例えば0度、90度、180度など)が存在することを意味します。

火星は戦争や軍事、勇気、闘争、エネルギーなどを象徴するとされています。したがって、日本が火星から直接的なアスペクトを持つとされている場合、それは日本がこれらのテーマに関連する出来事や変化を経験する可能性が高いことを示しています。

東南アジア:予想される自然災害

私たちは世界の地図の遠く東南部の地域で自然災害を予想することができます。オーストラリアのような地域が影響を受ける可能性があります。

私たちはどの地域が自然災害により影響を受けるかを具体的に絞り込む必要がありますが、全体として、2024年の4月前に何か大きなことが起こるでしょう。そしてもちろん、木星とラフ(北結)が非常に重要な交わりを持つことになります。

アナンド君のインド占星術

注目すべき星の動きと影響

土星の位置とその影響

次に、土星が位置している領域に目を向けると、特に医学分野でのスキャンダルや突破が予想されます。この予測は、土星が象徴する制限や課題、厳格さなどの要素に基づいている。

人工知能の進展とその影響

木星とラフが一緒になると、それらは実際に新しい時代の産業を生み出し、新しい時代の思考を生み出します。基本的に現在の経済的な必須事項をリセットし、非常に新しい何かを生み出します。

水星と木星が結合しているため、世界中で人工知能の応用が指数関数的に増えるでしょう。これが良いことなのか悪いことなのかは後に関連しますが、今、私が見る限り、木星とラフの結合により、人々の生活にさらに侵入する人工知能のネガティブな使用例が見られるでしょう。

そして、私は皆さんに「監視資本主義」という本を読むことをお勧めします。それは人工知能が私たちの生活にどのように入り込むか、そしてそれが大企業の手にどのように展開するかを理解するためです。そうした興味深いトレンドをこの時間枠内で観察したいと思います。

監視資本主義

“北結”または”ラフ”は、インド占星術(ヴェーダ占星術)において使用される天文学的な概念で、西洋の占星術では”北交点”と呼ばれています。この”北結”は、月の軌道が地球の黄道と交差する点の一つを指します。

ヴェーダ占星術では、”北結”または”ラフ”は、カルマや運命、成長のチャンスなどを象徴するものとされています。”ラフ”の位置や他の惑星との関係により、人々の運命や生活の変化が読み取られます。

ここで言及されている「木星とラフの交差」は、その二つが天体の位置として同じ地点に来る現象を指し、それが特別な意味を持つとされています。しかし、その具体的な意味や影響は、占星術の解釈による部分が大きいです。

あわせて読みたい
ダボスでギャビン・ウッドが話したこと①『非中央集権とは?』
ダボスでギャビン・ウッドが話したこと①『非中央集権とは?』

火星の影響

全体的に、火星が今年のキーとなる要素の一つであり、火星は今年に起こる事象に影響を与えるでしょう。全てが厄介な事ばかりではありません。多くのポジティブなことが起こっており、多くの変化が起こっています。

この期間の重要性

我々が今生きているこの時間枠は400年に一度のものであり、この20年間の期間は400年に一度来るのです。それは非常に大きな出来事が起こるということで、何年もかかることが数ヶ月で、何ヶ月もかかることが数日で、普通なら何日もかかることが数時間で起こるという日々が我々が今生きている日々なのです。リスクを認識し、次に何が起こるのかを理解することが非常に重要です。

まとめ  

今風なホーリーメ〜ン

いかがだったでしょうか。
今回の記事では、インドの天才少年アビギャ・アナンド君の、インド占星術をベースにした国際情勢や経済についての分析を要約しました。

インドは摩訶不思議な国ですが、アナンド君は今までのインドの聖者とは違い、経済や国際情勢に精通しながらインドの古代の叡智、数学である占星術と合わせて「預言」を伝える、それもYoutubeで、というところがとても今風なホーリーマンだな、と思います。

「預言」とはいえ、この記事が皆様の未来を考える時のひとつの材料となれば幸いです。

占星術の用語についての注釈

  • バラート:インドの古名です。
  • ヴァルシャ:ここでは「年」を意味します。
  • 昇星(ラグナ):ある場所から見た東の地平線に昇る星座(西洋占星術におけるアセンダントと同等)です。ここでは、この昇星が「主」として扱われています。
  • 8番目のハウス:占星術では、生まれた時刻と場所に基づいて12のセクション(ハウス)に分けられ、それぞれが人生の異なる側面を象徴します。8番目のハウスは変化、変換、再生、そして死を象徴し、火星がこのハウスに位置すると、紛争や競争、力の展開などが示されることがあります。
  • ラグナディパティとヴァルシャディパティ:これらは「昇星の主」および「年の主」を意味します。ここでは、火星がそれらの「主」であると述べられています。

したがって、この文章は「火星がインド(バラート)の年(ヴァルシャ)と昇星の支配者であり、新年(旧正月)が始まったときに8番目のハウスに位置していたため、良くない状況が生じる可能性がある」と述べています。また、「8番目のハウスは昇星の主や年の主にとって好ましくなく、国内外での暴力や紛争を引き起こす可能性がある」とも述べています。

これらは、火星の配置が特定の力やエネルギーを示し、それが一年の流れに影響を及ぼす可能性があるという占星術の解釈から来ています。

コインチェック

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  1. きょうこ

    とてもわかりやすいしおしゃれなブログでスーパー好みです!教えてくれてありがとう〜♡
    また時間できたらビデオもみてみます!

    • miho

      さっそく見てくれてありがとう~ ♡
      動画もよかったらぜひ見てみて♪

ABOUT ME
Mipu
Mipu
Web3、ブロックチェーン関連メディアの記事を執筆。初期よりWeb3プロジェクトに参加し、トークンエコノミーの恩恵を受ける。 特にギャビン・ウッド氏の思想に感銘を受け、これからのブロックチェーンやWeb3の発展に期待しつつ最新の情報をキャッチし、できるだけわかりやすい言葉での発信を心がけている。 最近はもっぱらDePINに注目している。
記事URLをコピーしました