Bitcoin, Web3, AI

メタマスク使い方ガイド:スマホ版・PC版の登録から仮想通貨取引まで

miho

<景品表示法に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

Mipu
Mipu

この記事では、Web3のアプリを使うときに欠かせないメタマスクというウォレット(財布)の使い方について、わかりやすく解説するよ!

METAMASK

はじめに

デジタルアセットや仮想通貨の世界を探索するための重要なツールの1つにメタマスクがあります。このウェブブラウザ拡張機能兼モバイルアプリは、トークンの管理、送受信、そしてスマートコントラクト、Web3へのアクセスを可能にします。

しかし、その使い方は初心者にとっては少々複雑に感じるかもしれません。今回は、メタマスクの初期設定から基本的な操作方法、そして安全に仮想通貨取引を行うためのポイントまで、わかりやすく解説します。

METAMASK

メタマスクとは?

メタマスクの概要

メタマスクとは、イーサリアム(Ethereum)という仮想通貨を利用したサービスを容易に利用するためのウェブブラウザ拡張機能であり、ウォレット(財布)の役割を果たします。

具体的には、イーサリアムを保管したり、送受信するためのツールです。このメタマスクを利用することで、イーサリアムを基軸とした分散型アプリケーション(DApps)にアクセスしたり、イーサリアムのトークン(ERC20やERC721など)を管理することが可能となります。

最近では、イーサリアムだけでなく他のいくつかのチェーンのトランザクションや保管にも対応しています。

さらにメタマスクが注目される理由として、NFT(非代替性トークン)市場へのアクセスがあります。NFTはイーサリアムのブロックチェーン上で発行され、所有権を証明するデジタル資産です。これによりアーティストは自身の作品をデジタル資産として販売し、所有権を移転することが可能となります。

今後、イーサリアムエコシステムが広がりを見せる中で、そのキーツールとしてメタマスクの使い方を理解し、活用していくことは非常に重要です。

合わせて読みたい
「2023年のイーサリアムアップグレードとは?初心者向け解説」
「2023年のイーサリアムアップグレードとは?初心者向け解説」
合わせて読みたい
ダボスでギャビン・ウッドが話したこと②『Etheriumまでの道。web3とは?』
ダボスでギャビン・ウッドが話したこと②『Etheriumまでの道。web3とは?』

メタマスクの特徴と利点

  1. Ethereum(イーサリアム)ベースの仮想通貨管理: メタマスクはEthereumベースの仮想通貨を管理し、DeFiサービスを利用するためのウェブ3.0対応ウォレットです。
  2. セキュアで直感的なインターフェイス: ユーザーはセキュアで直感的なインターフェイスを通じて仮想通貨を送受信し、管理することができます。
  3. dAppsとの直接インタラクション: また、Ethereumブロックチェーン上のdAppsと直接インタラクションする機能も備えています。
  4. 便利なブラウザ拡張機能: ブラウザに拡張機能として追加するだけで、短時間で設定を完了し、すぐに使用開始できます。
  5. スマートフォン用アプリ: スマートフォン用アプリも利用可能で、外出先でもEthereumブロックチェーンへのアクセスが可能です。
  6. プライバシーとセキュリティ: メタマスクは非中央集権ウェブアプリケーション(dApps)と直接やりとりするために設計されており、ユーザーの秘密鍵はローカルで安全に保存されます。これにより、ユーザー自身が自分のキーを完全にコントロールすることが可能となります。
  7. 多彩なdAppsへのアクセス: メタマスクを使用すれば、普通のウェブサイトのようにEthereumベースのdAppsを閲覧できます。つまり、ユーザーはメタマスクをインストールすることで、Ethereumエコシステム内の数千ものdAppsにアクセスでき、これらのアプリケーションを通じて、トークンスワップ、借入・貸出、投票などのインタラクションが可能です。


これらの特徴と利点があるため、メタマスクは仮想通貨初心者から経験豊富なユーザーまで幅広く使われており、Ethereumエコシステムを最大限に活用したいと考える人々にとっては欠かせないツールと言えます。

METAMASK

メタマスクのインストールと設定

スマホ版のインストール方法

メタマスクのスマホ版はiOSとAndroidの両方に対応しています。以下に具体的なインストール方法を説明します。

  1. スマホのアプリストア(Apple StoreもしくはGoogle Play Store)を開き、「Metamask」を検索します。
  2. “MetaMask – Buy, Send and Swap Crypto”というアプリが見つかったら、インストールします。
  3. アプリを開き、「Get Started」を選択します。
  4. 表示される手順に従って、新規ウォレットを作成するか、既存のウォレットをインポートします。

PC版のインストール方法

メタマスクのPC版は、ブラウザの拡張機能として利用します。Chrome、Firefox、Edgeなど主要なブラウザに対応しています。

  1. メタマスクの公式ウェブサイト(https://metamask.io/)にアクセスします。
  2. 「Download now」をクリックし、使用しているブラウザに合わせたバージョンを選択します。


  3. ダウンロードした拡張機能をインストールし、ブラウザ上で起動します。


  4. 「Get Started」を選択し、新規ウォレットの作成既存ウォレットのインポートを進めます。

これらのステップに従うことで、スマホ版・PC版のメタマスクを利用開始することができます。次のセクションでは、ウォレットのセットアップ方法について解説します。

アカウントの作成とセキュリティについて

メタマスクのアカウント作成は非常にシンプルで、使いやすさが評価されています。まずはメタマスクの公式ウェブサイトやアプリストアからアプリをダウンロードしましょう。

【スマホ版操作手順】

  1. メタマスクアプリを開き、「Get Started」をタップします。
  2. 「Create a New Wallet(新規ウォレットを作成)」を選択し、新しいパスワードを設定します。
  3. パスワード設定後、12文字のシークレットリカバリフレーズ(復元フレーズ)が表示されるので、紙に書き写して大切に保管します。

【PC版操作手順】

  1. メタマスクの公式ウェブサイトから拡張機能をダウンロードし、ブラウザに追加します。
  2. 拡張機能をクリックし、「Get Started」を選択します。
  3. 「Create a Wallet(新規ウォレットを作成)」をクリックし、新しいパスワードを設定します。


  4. パスワード設定後、12文字のシークレットリカバリフレーズ(復元フレーズ)が表示されるので、これを紙に書き写して大切に保管します。

【セキュリティについて】

次に、セキュリティについてです。
アカウントの安全性を確保するためには、パスワードや復元フレーズの管理はもちろん大切ですが、その他にもセキュリティを強化するための方法があります。

例えば、不審なウェブサイトやメールからのリンクをクリックせず、常に公式ウェブサイトからアクセスするようにしましょう。

また、パブリックWiFiなど不安全なネットワーク環境からメタマスクにアクセスすることは避け、信頼できるネットワークからのみアクセスすることを心掛けてください。

METAMASK

メタマスクでERC-20トークンを管理する方法

ERC-20トークンとは?

ERC-20トークンとは、イーサリアムブロックチェーン上に作られるトークンの一種で、その標準規格を指します。このERC-20トークンにより、開発者は特別なプログラミング知識なしにイーサリアムブロックチェーン上で独自のトークンを作成できるようになりました。

ERC-20トークンは、仮想通貨をはじめとする各種デジタル資産の交換や移転を可能にし、多くのICO(Initial Coin Offering)、IDOで使用されています。これにより、新たなプロジェクトが資金を調達しやすくなり、仮想通貨エコシステムの発展に寄与しています。

メタマスクでは、これらのERC-20トークンを管理することが可能です。ウォレットアドレスに送られたERC-20トークンはメタマスクで表示され、取引や送金が可能になります。

また、メタマスクはスマートコントラクトとのインタラクションもサポートしており、より高度なトークン操作を行うことも可能です。次節ではその具体的な操作手順について詳しく説明します。

メタマスクでERC-20トークンを管理する手順

  1. メタマスクを開き、ウォレット画面に移動します。ここで表示されているアドレスが、あなたのイーサリアムウォレットアドレスとなります。
  2. 「トークン」タブをクリックします。
  3. 「トークンをインポート」ボタンをクリックします。もし追加したいトークンが一覧に表示されていれば、そのトークンをクリックして「次へ」を押します。表示されていない場合は、「カスタムトークン」タブに移動し、該当トークンのコントラクトアドレスを入力します。必要な情報は、公式ウェブサイトや信頼性のあるソースから取得できます。
  4. トークン詳細が正確であることを確認し、「追加」ボタンをクリックします。

以上の手順により、メタマスクでERC-20トークンを管理することが可能となります。重要な点として、ERC-20トークンのコントラクトアドレスを入力する際は慎重に行い、間違いがないことを確認しましょう。間違ったアドレスを入力してしまうと、資産を失う可能性があります。

メタマスクはその使い勝手の良さから多くのユーザーに利用されています。しかし、仮想通貨の管理は自己責任となるため、操作方法をしっかり理解してから取引を始めることをお勧めします。

トークンの送受信方法

トークンの送受信方法メタマスクを用いてトークンを送受信する手順は、比較的シンプルです。

【送信方法】

  1. まずメタマスクのウォレット画面を開きます。
  2. 送信ボタンをクリックし、送りたいトークンの種類を選択します。
  3. 送信先のウォレットアドレスを入力します。
  4. 送りたいトークンの量を指定し、「次へ」をクリックします。
  5. 確認画面が出てきたら、内容をよく確認し「送信」をクリックします。

【受信方法】

  1. メタマスクのウォレット画面を開きます。
  2. 右上の「アカウント詳細」をクリックし、「アカウント」タブをクリックします。
  3. ウォレットアドレスが表示されるので、これをコピーし、送金してもらう相手に伝えます。

注意点として、送受信する際にはネットワークの混雑状況やガス料金により、処理に時間がかかることがあります。

また、トークンの送受信は一度行われると取り消すことはできませんので、間違えないように十分注意する必要があります。

以上が、メタマスクを使ったトークンの送受信方法です。繰り返し実践することで、スムーズに操作できるようになりますので、ぜひ挑戦してみてください。

METAMASK

メタマスクが対応するチェーンとその追加方法

メタマスクが対応しているチェーンの一覧

メタマスクが対応している主なブロックチェーンネットワークは、Ethereum (ETH) が最も一般的ですが、他にも多くのチェーンが対応しています。対応している主なチェーンを一部ご紹介します。

  • Ethereum (ETH): メタマスクの主なチェーンであり、最も頻繁に使用されます。デフォルトで設定されており、EthereumベースのDeFiプロジェクトとの互換性があります。
  • Binance Smart Chain (BSC): Binanceが開発した、高速で低コストなスマートチェーン。ERC20トークンの送受信が可能です。
  • Polygon (MATIC): Ethereumとの互換性を持ちつつ、スケーラビリティとセキュリティを強化したチェーンです。
  • Avalanche (AVAX): 高速で安価な取引が可能で、Ethereumとのブリッジを通じて互換性があります。

メタマスクでは、これらチェーンを手動で追加することで対応することが可能です。しかしながら、異なるチェーンにはそれぞれ特有のリスクが存在するため、使用する前に十分なリサーチと理解をすることが重要です。

他対応チェーンの追加方法

  1. メタマスクを開き、画面の左上にある「ネットワーク選択」をクリックします。
  2. ドロップダウンメニューから「ネットワークを選択」または「ネットワークを追加」を選択します。新たに表示される空欄に、追加したいネットワークの詳細を入力します。例えば、Binance Smart Chainを追加する場合は以下のように入力します。

    ・ネットワーク名:BSC
    ・NEW RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/
    ・チェーンID:56
    ・Currency Symbol:BNB
    ・Block Explorer URL:https://bscscan.com
  3. 「保存」をクリックして設定を終了します。


以上の手順で、他対応チェーンでのトランザクションが可能になります。ただし、新規チェーンに対応したトークンを送受信する際には、そのチェーンのガス代(手数料)用の通貨もウォレットに保有している必要がありますので、その点は事前に確認しましょう。

そして、各チェーンの具体的なURLやID等は公式サイトや信頼性のある情報源から正確に取得してください。間違った情報を入力すると、正常に取引が行えないだけでなく、資金が失われる可能性もあります。

また、ここで設定した新規チェーンはメタマスクのウォレット画面でいつでも選択できるようになります。

METAMASK

メタマスクを活用した仮想通貨取引の基本

メタマスクを使って仮想通貨取引を行う手順は、初めての方には難しそうに感じるかもしれません。しかし、実際にはそれほど難しくありません。
ここでは、その手順をわかりやすく説明します。

メタマスクを利用した仮想通貨取引の手順

  1. メタマスクのウォレットを開く 仮想通貨取引を始める前に、まずはメタマスクのウォレットを開きます。この時、あなたのウォレットアドレスが表示されることを確認してください。このアドレスはあなたの仮想通貨取引の「口座番号」のようなものなので、非常に重要です。
  2. 取引したい仮想通貨を選択する 次に、取引したい仮想通貨を選択します。メタマスクでは、Ethereum(ETH)をはじめとする数多くの仮想通貨が取り扱われています。
  3. 取引量を入力します。この時点で、取引手数料がいくらになるかが表示されるので、要確認です。
  4. 次に、「ガス料金(手数料)」を設定します。ガス料金は、取引を行うための手数料で、価格を高く設定すれば取引の優先度が高まります。
  5. 取引を確定する すべての情報を確認したら、「送金」ボタンを押して取引を確定します。この時、パスワードを入力することが求められる場合があります。
  6. 取引結果を確認する 取引が完了したら、「アクティビティ」タブから取引結果を確認します。ここには取引の詳細情報が記録されているので、後から確認することも可能です。

以上がメタマスクを利用した仮想通貨取引の基本的な手順です。ただし、これらの手順はあくまで一例であり、使用する仮想通貨や取引所によっては異なる場合もあります。

また、メタマスクは仮想通貨の取引だけでなく、NFTの購入など、幅広い用途で使用できます。その利用方法は、同じく「送金」ボタンから行うことができ、通貨取引と基本的な流れは同じです。

これらの手順を踏むことで、メタマスクを用いて仮想通貨取引を容易に行うことが可能となります。しかし、その際には、仮想通貨の価格変動や取引手数料など、リスクもあることを理解した上で取引を行うようにしましょう。

注意点とトラブルシューティング

メタマスクの使用上の注意点

メタマスクの使用上の注意点として、まず最初に記憶すべきは、秘密鍵(プライベートキー)の管理です。

メタマスクを使用する際、初めてウォレットを作成するときに生成されるこの秘密鍵は、あなたが所有する仮想通貨にアクセスするための唯一無二の鍵となります。この秘密鍵を紛失してしまうと、あなたのウォレットにある仮想通貨に二度とアクセスすることができなくなります。

また、この秘密鍵を第三者に知られることで、あなたのウォレットから仮想通貨が盗まれる可能性もあります。そのため、秘密鍵の管理は非常に重要であり、メタマスクの使い方を理解する上で欠かすことのできない部分と言えるでしょう。

次に、メタマスク使用時には常に最新バージョンを使用しているか確認することも重要です。メタマスクのアップデートには、新機能の追加だけでなく、セキュリティ強化やバグ修正が含まれることが多いためです。

古いバージョンを使用し続けると、セキュリティ上のリスクが高まる可能性があります。

また、メタマスクは基本的に無料で使用することができますが、取引を行う際にはガス料(手数料)が発生します。これは、イーサリアムネットワークが取引を処理するためのコストで、取引の量やネットワークの混雑具合によって変動します。

ガス料の計算や設定も、メタマスクを使う上で理解しておくべきポイントの一つです。

さらに、メタマスクは自分自身が銀行となるため、自分で全ての管理を行う必要があります。それは、パスワードを忘れてもリセットすることができないということを意味します。そのため、パスワード管理は非常に慎重に行うべきです。

以上が、メタマスクを使う際の主要な注意点です。これらをしっかりと理解し、適切な使用方法を身につけていくことで、メタマスクを通じてデジタルアセットの世界を探索する一歩を踏み出しましょう。

よくあるトラブルとその対処方法

  • メタマスクがログインできない」 この問題は主にネットワークの不安定さやブラウザの問題によって引き起こされます。まず、ネットワークの安定している場所に移動するか、Wi-Fiをオンにしてみてください。それでも改善しない場合は、ブラウザのキャッシュをクリアするか、別のブラウザやデバイスで試すと解決することがあります。
  • トランザクションが遅い、または失敗する」 これは、ネットワークの混雑やガス料金(Gas Fee)の設定が低すぎることが原因となることが多いです。ネットワークの混雑を避けるためには、非ピークタイムにトランザクションを試みると良いでしょう。ガス料金については、自動設定される料金よりも高く設定することでトランザクションの優先度が上がり、処理速度が向上します。
  • 秘密鍵を忘れた、または紛失したメタマスクでは秘密鍵の紛失に対するサポートは行っておらず、取り戻す手段はありません。それゆえ、秘密鍵は絶対に紛失しないよう、安全な場所に保管し、定期的にその存在を確認することが重要です。

上記は一部のトラブルとその対処方法に過ぎません。メタマスクを安全に、そしてスムーズに利用するためには、使い方をしっかりと理解し、常に最新の情報をキャッチアップしておくことが求められます。

METAMASK

メタマスク使用のメリットとデメリット

メタマスクのメリット

  • ユーザー主導のセキュリティ:メタマスクは、ユーザーが自分のプライベートキーを完全に所有・管理できる仮想通貨ウォレットです。これにより、ユーザーの資産はハッキングから保護され、自分で自身のセキュリティを管理することが可能です。
  • イーサリアムベースのDAppsとの互換性:メタマスクはイーサリアムベースの分散型アプリ(DApps)との互換性があります。これにより、ユーザーはさまざまなDAppsを安全に、直接利用することが可能となります。
  • 簡単な操作性:メタマスクは使いやすいインターフェースを持ち、仮想通貨の送受信やDAppsとの連携も簡単に行えます。また、スマホ版・PC版があり、状況に応じて使い分けることができます。

メタマスクのデメリット

  • サポート体制:メタマスクはオープンソースのプロジェクトであるため、商用のウォレットと比べるとサポート体制が整っているわけではありません。したがって、問題が発生した場合にはユーザー自身で解決する必要があります。
  • ガス料の理解:メタマスクを使用する際には、イーサリアムネットワークのトランザクション手数料であるガス料を支払う必要があります。これは使用状況により変動するため、理解するのは少々難しいかもしれません。
  • プライベートキーの管理:メタマスクでは、プライベートキーをユーザー自身が管理します。これはセキュリティ上のメリットにもなりますが、一方で、キーを紛失した場合は資産を回復することが出来ないため、管理には十分な注意が必要です。
METAMASK

今後のメタマスクの展望

メタマスクは、Ethereumを中心としたデジタルアセットの管理や取引を可能にするためのウェブ3.0ブラウザ拡張機能です。近年のブロックチェーン技術の進展とともに素晴らしい発展を遂げてきました。

今後のメタマスクの展望としては、まずユーザーエクスペリエンスの向上が考えられます。ユーザーフレンドリーなインターフェースの開発や、より詳細なヘルプ機能の実装など、ユーザーの利便性を高めるためのアップデートが期待されます。

また、現在メタマスクはEthereumとその関連デジタルアセットの管理が主力ですが、他のブロックチェーンネットワークに対する対応拡大も求められています。

例えば、BitcoinやPolkadotなど他の人気のあるブロックチェーンネットワークとの互換性を持つことで、更なるユーザー増加が見込まれます。

さらに、セキュリティ面での強化も重要な展望の一つです。ユーザーのデジタルアセットを安全に管理し、不正アクセスやハッキングから保護するための各種セキュリティ機能の強化が求められています。

以上のような展望を持つメタマスクですが、ブロックチェーン技術やデジタルアセットの発展に伴い、その進化は加速していくでしょう。

METAMASK

まとめ

メタマスクは、仮想通貨取引やデジタルアセット管理のための重要なツールです。この記事では、メタマスクの基本的な使い方について、スマホ版とPC版の両方の視点から詳しく解説しました。

まず、メタマスクのアカウント作成とセットアップ方法を説明しました。これには、ウェブサイトにアクセスし、アプリをダウンロードし、ウォレットを作成するという手順が含まれます。

次に、メタマスクを使って仮想通貨を送受信する方法について解説しました。この部分では、送信先のアドレスの入力、送信量の指定、ガス料金の設定など、取引に必要な各種情報の入力方法を説明しました。

このガイドがメタマスクの使い方をわかりやすく理解する手助けになれば幸いです。仮想通貨取引やデジタルアセットの管理には注意が必要ですので、常にセキュリティの維持に努め、詳細な情報やヘルプが必要な場合は公式サイトや信頼できる情報源を参照してください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
Mipu
Mipu
Web3、ブロックチェーン関連メディアの記事を執筆。初期よりWeb3プロジェクトに参加し、トークンエコノミーの恩恵を受ける。 特にギャビン・ウッド氏の思想に感銘を受け、これからのブロックチェーンやWeb3の発展に期待しつつ最新の情報をキャッチし、できるだけわかりやすい言葉での発信を心がけている。 最近はもっぱらDePINに注目している。
記事URLをコピーしました